【世界遺産】ミラーレスで撮るエストニアの首都タリン

「【世界遺産】ミラーレスで撮るエストニアの首都タリン」のアイキャッチ画像

こんにちは。sorademoです。

ヘルシンキからフェリーに乗って2時間。西洋の歴史を感じられる街タリンに到着しました。

フィンランド旅行とセットで訪れることが多いタリン。

特に、タリン歴史地区は世界遺産にも認定されていて、景観がとても美しいです。

今回は旧市街に残る歴史的遺産の風景を、ミラーレスで撮影した写真とともにご紹介します。

おつまさんおつまさん
ちょっと待って、ブログに載せるならRAW現像もするし、傾き直したりとか、せめて光の具合を調整するとか、それから…
撮って出しでもキレイだよ!それに画像圧縮もするから解像度落ちちゃうと思うし。ということで、使わせてもらうね!
sorademosorademo

タリンの船着き場

タリンの船着き場

訪れた日は快晴だったので、海の青に負けないくらい空も青いです。

ヨーロッパは曇りの日が多いイメージだったので、晴れた日に観光できて良かったです。

ここから南西の方向に足を進めていきます。

世界遺産に踏み込む

タリン歴史地区に到着しました。

淡い色でペイントされた建物は、どこを切り取ってもサマになる佇まいです。

遠くに見える建築物も素敵です。

足元は石畳になっているので、ヒールのある靴は気を付けた方が良いですね。

スニーカー推奨です。

街並みの中のカフェ

エストニア語でカフェはKOHVIK

タリン歴史地区にもカフェが点在していて、外観がお洒落なのでついつい足を止めてしまいます。

歩き疲れたらカフェでひと休みも良いですね。

ボーダーTシャツの彼

GWのエストニアは、決して温かくないです。

今回のフィンランド旅行では、無印のポケッタブルダウンを持って行って、タリンでも着用していました。

せっかく天気も良いので、本当なら彼のようにボーダーTシャツ1枚で歩きたいですね。

花を見つけて、足を止めて

街の中にはきれいなお花も。

背景に建築物を入れることで、お花畑で撮影する写真とは違った雰囲気も出ます。

車もカットインしていますが、そこは気にせずに。

雑貨屋さん巡りも

海外旅行と言えばお土産で、北欧といえば北欧雑貨です。

木の温もりが感じられるものから、温かいニット製品まで心躍るギフトがあります。

こちらの雑貨屋さんに入ろうとしたら、先客がいらっしゃったようです。お洒落な装いですね。

賑わいのある広場

広場に到着しました。

歩いている人がたくさんいますが、テラス席にも人がたくさん!

青空が気持ちいいです。

こういう旧市街といえば、教会や大聖堂ですよね。

せっかくなので、向かってみましょう。

聖オレフ教会からの景色

歴史地区の北側にある、聖オレフ教会に到着しました。

静かな教会の中で、歩き疲れた脚を休めます。

ここでは1人3€で塔に登ることができるので、休憩を終えたら行ってみようと思います。

塔の一番上からの景色

タリンの建造物は側面だけでなく屋根も色とりどり。

ヨーロッパに来たという実感も湧いてきます。

赤に青にオレンジ。美しいです。

車がミニカーのように見えます。

高い所から下を歩く人や、走る車を切り取るのも面白いですね。

三姉妹ホテル

聖オレフ教会の近くには、有名な三姉妹ホテルもありました。

ふとっちょマルガレータ

ここも有名どころですね。

エストニア海洋博物館。別名、ふとっちょマルガレータです。

構図も実際も、ふとっちょだねって感じです。

おつまさんのTumblrでも画像公開中です。

https://otsumasan.tumblr.com/post/184693977292/talin-estonia-2019

PHOTO:おつまさん(@otsumasan)OLYMPUS PEN-F