ソウルの益善洞で開店と同時に入店したい人気カフェといえばココ!

「ソウルの益善洞で開店と同時に入店したい人気カフェといえばココ!」のアイキャッチ画像

こんにちは。sorademo(@sorademo)です。

今回は鍾路3街(ジョンノサムガ)にあるMAKERS HOTELに滞在しているということで、お洒落なカフェが多いと有名な益善洞(イクソンドン)もバッチリ観光してきました。

それにしてもMAKERS HOTELは益善洞だけでなく仁寺洞(インサドン)にも近いので利便性は申し分ないですね。

そしてお洒落な佇まい。また泊まりに行きたいです。

MAKERS HOTELの創り出す異国感にどっぷりと浸かっていたいのですが、「観光に便利な立地ならお出かけしないと!!」ということで、後ろ髪を引かれる思いで街に繰り出します!

SEOUL COFFEE(ソウルコーヒー)

まず訪れたのは韓屋カフェのSEOUL COFFEEです。

最近の韓国は韓屋をリノベしたカフェが多いです。韓屋カフェといえば、大邱で訪れたmansion5もおすすめです!

伝統的家屋の中から漂う香ばしいパンの香り。

11時過ぎくらいに入店したので、私たちにとってはブランチ目的ですね。

それにしてもスゴく混雑していて… 人気なんですね。

本当は韓屋の縁側あたりに腰掛けたかったのですが、入り口近くで何とか席を確保しました。さあさあ、美味しいパンを迎えに行きましょう。

SEOUL COFFEEで有名なのがあんバターサンドです。

そのビジュアルにびっくり!

固形バターがそのまんま挟まっています。日本で同じようなあんバターサンドは見たことなかったです。

色とりどりのメニューに悩みましたが、あんバターサンドに加えて、せっかくなのでティラミスも追加で注文しました。

SEOUL COFFEEでのちょっと遅い朝ごはん。

こんなにたっぷりのバターを頂いても良いのでしょうか!中に入っているあんこと混ぜ合わせて美味しくいただきました。

ティラミスはきな粉たっぷりでコーヒー感がそれほど強くなく、コーヒーが苦手なおつまさんも美味しそうに食べていました。せっかく訪れたのならあんバターサンド以外のスイーツにもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

SEOUL COFFEEへのアクセス

益善洞には洋服屋さんがたくさんあったり、有名なブルーベリーソフトクリームのお店があったりと、探索の甲斐があります。次に紹介するカフェもとってもおすすめです!

トンベッ洋菓店

トンベッ洋菓店にはSEOUL COFFEEとは別の日に来店しました。

開店して30分程度しか経っていないのですが、テーブル席は既に満席!

空いていたのはカウンター席だけでしたが、悲しむ必要はまったくないです。

手際良くオーダーの準備をしたり、コーヒーを注いだりする店員さんの姿。

カウンター席からの景色というのも、カフェを訪れる楽しみのひとつです。

それに、このお店の店員さんは忙しないながらも楽しそうなので、見ているこっちも楽しい気分になります。サスペンダーの制服も可愛らしかったです。

メニューはこちら。

右下に写っているのがトンベッ洋菓店イチ押しのスフレパンケーキですが、なかなか良い値段します。

私たちはメニュー左側に写っている季節限定の無花果のスフレパンケーキをオーダーしました。こういう限定物に私たち夫婦は惹かれがちです。

それと2人でシェアするためにホットティーもオーダーしました。このお店は1人1オーダー制なので、2人で来店するときはケーキ1つ、飲み物1つが良さそうです。

「カップ&ソーサーが素敵だなあ」と思っていたらジバンシィ!

また、ティーポット1つで2杯分いただけましたので、無事に2人でシェアすることができました。

待っていました無花果のスフレパンケーキ!

パンケーキが出来立てで温かいので、クリームがとろとろに溶けています。

クリームの甘さと無花果の酸味も実にマッチしています。ケーキの中にも無花果が詰まっていました。なかなかのボリュームだったので、これもシェアして正解でしたね!

トンベッ洋菓店へのアクセス

カフェ天国の韓国と言えどソウルは国内外からの観光客も多く、人気なカフェにおいて座席を確保するのは大変です。

特に、普通の席ではなく、韓屋カフェにおける縁側の席や個室席などを確保する場合には開店と同時に入店するなどの努力も必要です。

それでも、苦労した分だけ素敵な空間やカフェタイムを味わうことができます!

ぜひぜひ、益善洞の人気カフェにトライしてみてください!

PHOTO:sorademo(@sorademo)GRⅢ

PHOTO:おつまさん(@otsumasan)OLYMPUS PEN-F