ホーチミンにあるプロパガンダアートが素敵なレストラン【Propaganda】

「ホーチミンにあるプロパガンダアートが素敵なレストラン【Propaganda】」のアイキャッチ画像

こんにちは。sorademo(@sorademo)です。

The Workshop Coffeeでカフェを終えた私たち。お腹も空いたということで、次は美味しいベトナム料理がいただけるというレストランに向かいました。

今回訪れたのは、店内の壁画がプロパガンダアートになっているというユニークなレストランです。ガイドブックで見つけた時から気になっていました。

メニューの部分でもご紹介しますが、このレストランはベトナム料理だったら何でも揃っています。弾丸旅行の場合や、色々なお店を回る時間が無い時にもおすすめです。

Propaganda(プロパガンダ)

お店に到着すると、何やらテラス席がとても繁盛していました。

「せっかくなのでプロパガンダアートを見ながら食事がしたい」ということで、私たちは店内にレッツゴー!

これこれ!このプロパガンダアートが見たかったのです。

壁一面がプロパガンダアートになっているので、ガイドブックで見るよりも迫力があります!

壁画だけだと思ったら、ソファーカバーにもアートが採用されています。

店内の照明は暗めですが、各テーブルに灯されたライトによって雰囲気も良い感じです。

テーブルナプキンもプロパガンダアートです。徹底している感じが堪らないです。

こうもたくさんのプロパガンダアートに魅せられてしまうと、ついついグッズが欲しくなってしまいますよね?

レストラン側もそんな衝動に駆られてしまうお客さんが多いのを分かっているようで、たくさんのプロパガンダグッズを置いていました。

マグやバッグなんかは定番ですが、1番気になったのはラップトップケース。これなら人の目を引くこと間違いなしです!

Propagandaのメニュー

VIETNAMESE BISTROということでベトナム料理が充実しています。

実は、本格的にベトナム料理を食べたのは今回のホーチミン旅行が初めてです(パクチーが苦手だったくらいですからね…)

私は今回の旅行で虜になったベトナムフォーをチョイス!

バインミーって露店とか屋台でしか食べられないローカルフードだと思っていたのですが、レストランでも置いていることに驚き。

今回の旅行でバインミーは既に食べてしまったので、次回来た時とかにしようかな。

写真右上に小さく書いていますが、バインミーを午後5時までに注文するとフレンチフライも付いてくるのでお得です!

ベトナムフォーに続いて大好きになってしまったのが生春巻きです。

本場の生春巻きは、日本で食べたことがある生春巻き(コンビニで買ったやつ)とは全然違くて中身がぎっしり詰まっていました!

揚げ春巻きなんかもありましたね。ベトナム料理に精通していない私には新鮮です。

また、写真右上に書いていますが、ここの生春巻きは10ピースにカットされて提供されますので、グループでのシェアもしやすいです!

デザートも完備してます。このほかドリンクメニューとコースメニューもありました。

ということで私たちのディナーは生春巻き(95kVND)&揚げ春巻き(95kVND)からスタート!

生春巻きは本当に具がぎっしり。中身はチキン&アボカドの贅沢な組み合わせです。

生春巻きはピーナッツソースにつけて、揚げ春巻きは甘酸っぱいソースにつけていただきます。こういったソースのバリエーションも楽しいです。

メインのベトナムフォー(165kVND)と枝豆サラダ(135kVND)もやってきました。

ベトナムでフォーを注文すると、小皿にパクチーやもやし、チリソースなどのトッピングが一緒に付いてくるのも、今回の旅行で初めて知りました。

トッピングは全部入れちゃいますね。パクチーは特に。むしろトッピングがないと物足りなささえ感じてしまいます。

料理のバリエーションが多かったので、リピートしても楽しめそうです。次はコース料理とかも試してみようかな!

Propagandaへの行き方

Propagandaはホーチミン1区のサイゴン大聖堂の近くにあります。

サイゴン大聖堂前には広場があり、現地の人で賑わっていたりします。ついでにお散歩してみるのも良いかもしれません。

そして最後に、言い忘れていたのですが、Propagandaのスタッフは笑顔が素敵でホスピタリティに溢れていました。私が写真撮影しているのを待ってから料理を運ぶなど、大変気を遣っていただきました。すみません汗。とても気持ち良く食事をすることができました!

なお、店員さんの英語は流暢で注文にも困りませんでした。

ぜひぜひ、ホーチミン旅行で素敵なプロパガンダアートに囲まれてのディナーはいかがでしょうか。

PHOTO:sorademo(@sorademo)GRⅢ

PHOTO:おつまさん(@otsumasan)OLYMPUS PEN-F