ムーミンバレーパーク潜入レポ。かかった費用やチケットの予約方法も公開します!

「ムーミンバレーパーク潜入レポ。かかった費用やチケットの予約方法も公開します!」のアイキャッチ画像

こんにちは。sorademo(@sorademo)です。

6月の梅雨時に、埼玉県飯能市のムーミンバレーパークに行ってきました。

ちょっと曇り空ですが、素敵な写真もたくさん撮れたので、ご紹介したいと思います。

また、入園やアトラクションのチケットはネット予約で購入しました。

現地の様子と併せてお金の面なども、触れていこうと思います。

ムーミンバレーパークで感じる北欧の世界

梅雨の季節だったので、「森と、湖と、アンブレラと。」というイベントが開催されていました。

これを手掛けたのはmarimekkoのデザインもしている方だそうです!

一歩踏み込めば、カラフルな北欧の世界ですね。

こちらはメッツァビレッジのマーケットホール!

残念ながら、時間が無くて寄ることができなかったのですが、ファッツェルのチョコを取り扱うショップや、あのロバーツコーヒーもあるそうです。

フィンランドが懐かしい!

ムーミンバレーパークに足を進めます。

湖に面して素敵なフォトスポットがあって、皆さんココで写真を撮られていました。

ムーミンバレーパークに入場していなくても、ムーミンの世界は既に始まっています。

こちらはムーミンパパが作った水浴び小屋です。

本を切り取った世界。ってこれは物理的な切り取りですが、ムーミンやスナフキン型のゲートから顔を出して、記念撮影が出来そうです。

ムーミンバレーパークに入場しました!

こちらのパンケーキレストラン「レットゥラ」はテラス席もあって良い感じですね。

ムーミンバレーパークで1番人気のアトラクションといえば、ムーミン屋敷ツアー!

今回はネットから予約しているので、時間になるまでご飯を食べたり、エンマの劇場に行ったり、パークの中を散策して過ごそうと思います。

ツアーの時間が待ち遠しいです。

まずは奥に見える、レストラン・ショップ・ミュージアムの複合施設「コケムス」に行こうと思います。

レストラン ムーミラークソ ルオカラ

まずは腹ごしらえです。

コケムスの中にあるレストランは席数も多く、不思議な森の中にいるような世界観も味わうことができます。

テラス席も完備されていました!

平日で、しかも時間をずらして入店したので席も選び放題です!

真ん中のテーブル席に座りました。

テーブルの上には素敵なディスプレイもあります。

私が注文したのは「おさびし山のハヤシライス」です。

陶磁器の器が素敵な上に、味もビジュアルもバッチリでした!

様々な展示があるミュージアムへ

食後の休憩も兼ねて、コケムスに入っている展示スペースを見て回ります。

ここではスナフキンと一緒に温まったり、

ムーミンと一緒に写真撮影をすることも可能です。

こんな手の込んだジオラマまでありました!

目を凝らしてよーく見ると、あんなところやこんなところにキャラクターがぎっしり。

作った方々の愛が感じられます。

ムーミンはスナフキンと橋の上でおしゃべり。

あ、そうだ、パークの中でスナフキンに会えるんだった。スナフキンを探しに行こう!

スナフキンを探しにテントまで

パークの端っこにスナフキンのテントがあるそうです。

時間によっては、スナフキンが休憩のために帰ってくることがあるようなので、テントを覗いて来ようと足を進めます。

パーク内にはベンチや座るところがたくさんありますね。

歩き疲れたり、次のアトラクションの時間を待つのに便利そうです。

おさびし山エリアには、ヘムレンさんのアスレチックや、飛行おにのジップラインアドベンチャーがありました!

アクティビティエリアってやつですね。

飛行おにのジップラインアドベンチャーは、ムーミン屋敷ツアーの次に人気のアトラクションなので、こちらも次回チャレンジです!

スナフキンのテントを発見!どうやらご本人はいないようです。

sorademosorademo
ナフキンがいなくて良かったー。
え、どうして?せっかくここまで来たのに。
おつまさんおつまさん
sorademosorademo
だって、面と向かって何話せば良いか分かんないし。いきなり良い歳した男の人に話しかけられても、スナフキンが困っちゃうでしょ?
じゃあどうしてここまで来たんだよ…
おつまさんおつまさん

色々と私は気にしすぎです。

気を取り直して、そろそろアトラクションの時間なので、ムーミン屋敷に戻ろうと思います。

ムーミン屋敷ツアー

待ちに待ったムーミン屋敷ツアーです!

開始の5分前くらいに、ムーミン屋敷の前に集合しました。

お屋敷の中はとっても手が込んでいます!!

そしてガイドのお姉さんが物凄い知識です。

ディズニーランド並みのハイテンションでガイドをしてくださるので、こちらもハイテンションで参加した方がより楽しめます!

ムーミンママのキャラメルとか謎の小さい足跡とか、見れば見るほど愛おしいです。

ぜひぜひ実際にツアーを体験してみてください!

ムーミンバレーパークのチケットはネット予約で

私は、入園チケットとムーミン屋敷ツアーのチケットの両方を公式サイトから予約して事前購入しました。

アトラクションチケットは15時以降の分なら事前にネット購入できるようで、午後から行く方や1日中滞在予定の方には良さそうですね。

私も朝早く行って現地で購入する自信はなかったので、ネット購入をして安心してから向かいました。

また、ネット予約の場合はキャンセルが前日まで無料です。

突然キャンセルしなければならなくなっても、前日までは安心です。

ムーミンバレーパークでかかった費用は?

・チケット代

入園チケット2人分・・・1,500円×2=3,000円

ムーミン屋敷ツアー2人分・・・1,000円×2=2,000円

・レストラン(ムーミラークソ ルオカラ)

おさびし山のハヤシライス・・・1,300円

ヤーコブさんの空飛ぶシチュー・・・1,300円

このほかに交通費や飲み物代なども発生するのですが、とりあえず上記の合計は7,600円です。

アトラクションをもっと追加すると、カップルや夫婦で行っても、1万円くらいかかりそうですね。

ムーミンバレーパークに再入場するには

パークに入場した際に、スタッフに再入場できるかを聞いたところ、手の甲に特別なスタンプ(ライトを照らさないと浮き上がらないタイプ)をしていただきました。

こちらを提示すると再入場が可能とのことです!

ムーミンバレーパークへのアクセス

私は池袋から西武池袋線で飯能駅まで行き、飯能駅前から出ているメッツァ行き直行バスに乗りました。

行ったのが平日だったのもあると思いますが、行きも帰りもさほど混んでいませんでしたが、特に休日はバス車内の混雑が予想されます。

パークで十分に楽しむためにも、余裕をもって到着したいですね。

PHOTO:sorademo(@sorademo)GRⅢ