フィンランドからエストニアへのタリンクシリヤライン

「フィンランドからエストニアへのタリンクシリヤライン」のアイキャッチ画像

こんにちは。sorademo(@sorademo)です。

フィンランドの観光雑誌を見ていると、エストニアのタリンも一緒に行くことができると、書いていることが多いです。

私たちも、2019年GWのフィンランド旅行中の1日を、エストニア観光に充てることにしました。

ということで、エストニア日帰り旅行の記事を書いていきます!

まずはヘルシンキとタリンを繋ぐフェリーについての記事です。

西ターミナル到着からチェックインまで

出航時間が10:30のフェリーを事前に予約していましたので、早朝からフェリー乗り場に向かいました。

私たちが乗船するタリンクシリヤラインのメガスター号は、ヘルシンキ港の西ターミナル2(T2)ということで、港エリアの端っこになります。

トラムは7番や6T番に乗るのが最も近いですが、ヘルシンキのトラムについては別の記事で触れたいと思います。

予約は他社比較も可能なダイレクトフェリーズで行いましたが、初めからタリンクシリヤラインと決めているならば、タリンクシリヤライン公式で予約してしまうのもありだと思います。

ダイレクトフェリーズではサービス料(手数料)も少額ですが発生しました。

予約した席は最も安い自由席のチケットです。

個室などのオプションもあるようでしたが、乗船時間は2時間で船内も色々と楽しめそうだったので、自由席で良いと思いました。

チェックインカウンターはターミナルに入ってすぐ左手にありました。

予約確認のメールとパスポートを見せて、チケットをゲットです。

チケットには船内のWiFiコードが書いてありますので、無くさないようにしなきゃですね。

メガスター号の船内観光

乗船開始と同時に他の乗客と一緒に船内へ突入です。

皆さんが真っ先に確保しているのは、窓際の席のようなので、 私たちも真似して窓際の席を確保しました。

と思ったら、日差しが暑い!太陽が「こんにちは!」する向きの席に座ってしまいました。

いくら5月のフィンランドが肌寒いからといって、外気が遮断された空間で日光に当たり続けると暑かったです。

椅子の方向をうまく変えて、窓際に座っているのに日差しを避けて出航を待ちました。

出航してほどなくすると、私たちは変わらない海の風景に飽きてしまいました。

せっかくだからバルト海を眺めてれば良いものの、飽きが早い私たちです。

船内観光の始まりです。

メガスター号にはたくさんのショップが入っていました。

まず目に入るのはお土産ショップで、こちらは北欧雑貨がずらり。

タリンクシリヤライン限定のムーミングッズもあるようです。

移動のために乗ったフェリーにムーミングッズがあるなんて、ファンには堪らないですね!

マリメッコの雑貨もたくさんありました!

おつまさんおつまさん
マリメッコはアウトレットで爆買いするから、ここは我慢しないと。

おつまさんは、湧き上がる欲望を抑えるのに必死のようです。

船内ではコスメやお酒、ブランド品、食料品、洋服などのショッピングも楽しむことができるようです。

つまり、空港の出国審査が終わった後の空間が船内でも楽しめるのです!

私は水を購入した程度ですが、タリンクシリヤライン公式によると、船内での免税手続きも可能とのことです。

ショッピングエリアで気になったのがコレ!

TALLINK QUICK SHOPPINGと書かれている端末です。

搭乗券を読み込ませて、欲しい商品のバーコードをスキャン、レジに行くことなくその場で支払いができるという仕組みのようです!

端末にクレカの情報を入れると思うのですが、その場で支払えるなんてなかなか面白いです!

デッキから海を眺めることもできる!

フェリーではデッキに出て海を感じることもできました。

デッキには写真にあるようなベンチもありましたが、5月だとまだ寒いので、長時間デッキに出ているのは厳しそうです。

船はそれほど揺れを感じなかった気がします。

2時間の船旅で時間は十分にあるので、外の空気を吸いに出てくるのも良いと思います。

フェリーの中で食事もできる!最適解はバーガーキング?

到着予定は12:30だったので、昼食は着いてからにしようと思っていたのですが、朝ごはんが早かったので小腹が空いてしまいました。

せっかくなので食事もいただいちゃいます。

こちらのカフェではスタバのドリンクも置いていたので、心が揺さぶられます。

デザートも素敵です。

コーヒーと一緒にいただきたいところですが、いま欲しているのは炭水化物です!

こちらはビュッフェスタイルのレストランです。

フェリーの中でのビュッフェも素敵なのですが、ビュッフェだと昼飯分も食べてしまいそうだったので、断念しました。

たどり着いた先がバーガーキング!

ハンバーガー=おやつではないのですが、ハンバーガー1個だったら昼飯に支障はないかなあという、意味不明な判断でバーガーキングに決定です。

クリスピーチキンをオーダーしましたが、単品で3.45€、ポテトとドリンクのセット*1で5.95€でした。

チェーンは価格が安定しているので、安心して注文できますね。

正直、フェリーの中で食べるバーガーキングはめちゃうまかったです!

リラックスして座るには別のフロアへ!

先ほどのバーガーキングの写真でお気づきだと思うのですが、カフェやお土産ショップがあるフロアを除けば、けっこう座れる場所は多いです。

皆さん、乗船と同時に8階のソファ席などを陣取るので、9階に行ったりすれば悠々と座ることができます。

こちらは9階のバーの写真ですが、空きスペースも多くて寛ぐことができそうです。

思わぬ出会いも旅にはつきものです。

帰りの便はスター号!バイバイタリン~

タリンからヘルシンキに帰る便は、22:30発という遅い便にしました。

タリンを満喫して、スーパーでお買い物もしたかった、という理由です。

スーパーで買いこんだ荷物を抱えて、再びタリンクシリヤラインに乗り込みました。

帰りはスター号だったので、メガスター号との比較も楽しみです。

疲労感たっぷりだったので、船内の写真は撮っていないのですが、スター号も十分キレイでお店もちゃんとありました。

厳密な比較は、スター号のページメガスター号のページにお任せして、実感としては、メガスター号の方がよりモダンで洗練された雰囲気に感じられました。

時間の都合上、スター号になってしまってもご安心ください。

私たちのバーガーキングはスター号にもちゃんあります!

ついつい、本日2回目のバーガーキングをしてしまいました。

チーズバーガー1.95€、クリスピーチキンセット5.95€です。

チーズバーガー安いです。またまたクリスピーチキンを食べたのは私です。とても美味しかったです!

またバーガーキングを食べにタリンクシリヤラインに乗ります!!

PHOTO(almost):おつまさん(@otsumasan)OLYMPUS PEN-F

PHOTO(a few):sorademo(@sorademo

*1:バーガーキングでセットを頼む場合は「with meal」と言うと良いです!